050-3702-0018

【症例】坐骨神経痛 70歳 女性 施術後4日目で痛み0。神経リンパポイントの主要反射点

70歳 女性 S.H様

約3ヶ月前位ぐらいから、徐々に左足に痛みが出てこられたそうです。

最初は腰から臀部(おしり)にかけて痛みが強かったのですが、痛みは徐々に左足全体に広がってきたそうです。

特に痛みのきっかけとなる動作や出来事はなかったとのことです。

痛みは腰〜臀部〜太腿の裏〜すね〜外クルブシに広がっておられました。

所見

起床時と動き始めの初動作に痛みが集中

動作時よりも、安静時の方が痛みは消える

お風呂の後にはやや辛さが増す

などのことから、坐骨神経痛の炎症中期、

おそらく、ストレス、低体温、運動不足から来る免疫低下による易炎症傾向によることが原因と推定しました。

痛みの末梢化は、ほぼ終期と思われました。

施術

まずはマッサージにより、リラックスによる副交感神経優位に努めます。

その後、神経リンパポイントの坐骨神経主要点を刺激し、

回盲弁機能の調整を行いました。

経過

2回目にご来院いただいた時には、すっかり回復されたようです。

「施術を受けて4日後には痛みは全くなくなりました!ありがとうございます」と嬉しいお言葉をいただきました。

経過良好とのことで2回のご来院で施術を終了させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください